095-865-8116

月~土曜 9:00 ~ 21:00

(土/祝は17時まで営業)

痛みが出たら冷やすの?それとも温める?

痛みが出たり、ケガをしたら冷やすのと温めるのはどっちがいいの?

と思ったことはないでしょうか?

 

結果から言うと急性期は冷やして慢性期は温めるというのが正解になります。

急性期とは痛みが出てきた時期のことで

捻挫(ねんざ)や打撲(だぼく)、ぎっくり腰などのけがした直後になります。

この時期は、炎症反応を起こしています。

血流量が増加し、腫脹(腫れ)、発熱、痛みを出している状態です。

その炎症、腫れを抑えるために冷やすことが重要となり痛み止めの役割となります。

 

冷やす方法としては、

氷を氷のうやビニール袋に入れて冷やすことがおすすめです。

時間としては、約20分ぐらい

あまり長くし過ぎると、凍傷を起こす場合もあるため注意しましょう。

凍傷のリスクを減らせるのは氷のうです。

 

ちなみに冷湿布や温湿布がありますが、

冷やしたり、温めるという効果はありません。

使うときは自分が気持ちいいなと思う方を選択してください!!

 

急性期を過ぎると、慢性期となります。

痛めた局所が疲労し、筋肉は硬くなり血流が悪くなり、

疲労した局所に酸素と栄養が行き届かなくなり、その結果、重だるいような痛みが出ます。

この時期には温めて血流を改善させることが必要となります。

温めることで筋肉を緩める、代謝を良くする、腫れを抑えるなどの効果も期待できます。

 

では急性期はどれくらいの期間なのか?

これは人によっても場合によっても異なりますが、だいたい痛みが出てから2~3日までをいいます。

しかし最近では冷やすのも痛みがでたその日だけでいいと言われています。

 

急激に痛みが強くなったときは冷やし、

次の日から温めると覚えておいてください。

 

※LINEから予約、ご質問、ご相談も受け付けておりますので、
ご気軽にお問い合わせ下さい。

PICK UP

水素


水素風呂レンタル

3500円

Oil Massage


全身リラックスコース

疲れきって凝り固まった身体全体をほぐしスッキリした体へ

お客様の声

リード整骨院に通って頂いたお客様の生の声をご紹介致します。

60代/女性

膝を曲げると痛かったのですが正座出来る様になり 『膝の傷みがなくなりました。』

70代/女性

肩の痛みが取れました。 ありがとう御座いました。

20代/男性 - サッカー選手

サッカーで怪我した足首が良くなり、いつも通りのプレーが出来る様になりました。

50代/女性 - 主婦

私が悩んでいた肩、腕の痛みが酸素オイルを使ってもらい、軽く楽になりました。 酸素オイルを自宅でも愛用しています。 ありがとうございます。

60代/男性 - 会社員

膝に水が溜まり整形外科で抜き、また溜まり、の繰り返しで悩んでいましたがリード整骨院に来るようになってからは膝に水も溜まらなくなり痛みも出にくくなりとても嬉しいです。

50代/女性

肩から手にかけてのシビレで日常生活に不便を感じていましたが こちらの治療で受けて、2回目位から楽になり今ではシビレを感じる事無く生活出来るようになりました!

20代/男性 - 学生

昔から腰が悪く何をしても治らず悩んでいたのですが、リード整骨院に通いだして今までの腰の痛みが噓のように治ってしまいました。治療以外にも悪い部分を補うためのトレーニングを整骨院でできるのでそこが気にいってます!